思い切って手放そう

ひと昔前は、女性は当たり前に着物を数枚所有していました。
親は娘が嫁ぐ時にはたくさんの嫁入り道具とともに、黒留袖や喪服、訪問着など一式を揃えて嫁ぎ先に送り出したものです。
戦後、日常生活で着物を着る機会が減ってきた後も、冠婚葬祭など重要な場面では着物を着て出かけていくことが多かったものです。
しかし現代ではその風習もほとんど無くなり、職業上着物を着る機会のある人や、お茶などのおけいこ事の機会でなければ、日常生活で着物を着る機会は無いでしょう。
葬儀や子供の結婚式などでも、最近は洋服で出席する人も増えました。
保管する場所やメンテナンスに気を使う高価なものである上、自分で完璧に着付けをできる人も少なくなり、早朝に美容室などへ行って着付けてもらうのも大変です。
もし自宅に着物がたくさんあり、着る機会もなく保管場所や管理に煩わしさを感じているのなら、思い切って有効活用してみませんか。
着物の活用方法は、何も袖を通すだけではありません。
昔の人は手持ちの着物をほどいては今でいうリメイクを繰り返し、再利用していたのです。
着物を買ってくれた親の思いや愛情に報いるためにも、箪笥で眠らせておくのはもったいないものです。
売って気に入ってくれる人の元で再び袖を通されるのも良いですし、リメイクして形を変えて楽しむのも良いでしょう。
意外と着物の有効な活用方法はあるものです。
自分の納得できる形で再利用できれば、それは処分ではなくれっきとした活用になります。

着る機会のない着物の活用法

日本人にとって、着物は凛とした居住まいになれるものです。 しかし着物を日常的に着る人は少なく、また繊細な素材ゆえの管理の大変さに、持て余す人も多いはずです。 もし着る機会の無くなった着物が何枚かあるなら、思い切って手放すことも検討してみませんか。 どのような方法があるのかまとめました。

着物をリメイクして思い出とともに過ごす

着古したTシャツやジーンズをトートバッグや小物などにリメイクして楽しむ人は多く、リメイク術を紹介した本やブログも人気です。 持て余している着物も同じように気軽にリメイクできれば有効活用できます。 和柄を洋服にうまくマッチさせ、着物特有の生地感を考慮したリメイク法で思い出を形に残すことができます。

着物は伝統技術を世界に発信するツールになりつつある

ご存知のように海外では日本の折り紙や和紙、畳や浮世絵など、日本で当たり前に存在しているものが人気を博しています。 着物も服としてだけでなく、美しい柄や色合いを見る美術品として、またインテリアとしても楽しまれているようです。 欧米だけでなく東南アジアにも熱いキモノファンがたくさんいます。

トップへもどる