>

着る機会のない着物の活用法

この記事をシェアする

思い切って売ってみよう

自宅の箪笥に着物を持っていても、着る機会がなくいつしかタンスの肥やしになっている人は多いはずです。
母親や祖母から譲られた着物や帯などは特に、思い出がたくさん詰まっていることもあり何となく処分に踏み切れないでいることもあります。
若い頃に親が誂えてくれた着物や、成人式に着た振袖も一度袖を通したきりで、しまい込んでいることもあります。
もし着る機会のない着物がたくさんあるのなら、思いきって売却することも検討しましょう。
方法はさまざまですが、リサイクルショップ等に買い取りを依頼するのであれば、枚数が多い方が高く買い取りをしてもらえます。
リサイクルショップにより、買取品目に違いがあるので事前に確認をしておきます。
また和服は特に、大量生産される洋服やバッグなどと異なり一点ものが多いため、リサイクルショップによっても査定額に大きな差がでます。
可能であれば複数の店舗で査定額を出してもらうと良いでしょう。

高価な着物や反物の処分や慎重に

繊細なメンテナンスが必要な着物ですが、枚数が多いほど、また高齢になるにつれて管理が大変になります。
親戚から譲ってもらったものや、親の遺品として大量に出てくることもあり、高価な着物を所有している人もいるのではないでしょうか。
着る機会の無い着物を所有しているなら、断捨離や終活などをきっかけに売却処分を検討すると良いでしょう。
しかし、もし大島紬や江戸小紋のように高価な着物を手放すことを検討しているなら、売却方法を慎重に検討しましょう。
一般のリサイクルショップより着物を専門に扱うネットのリサイクルショップの方が、単純に取り扱い量が多く販路も確立されている為、高価に買い取ってくれる場合もあります。
またネットオークションでは着物コレクターや目の肥えた人も多いため、人間国宝の方の作品などは100万円以上で出品されることもあるほどで、価値のわかる人が高値で落札してくれる可能性も高くなります。


トップへもどる