>

着物をリメイクして思い出とともに過ごす

この記事をシェアする

リメイクして手元に残そう

着物を持っている人の多くが、保管場所や管理面の理由から処遇に頭を悩ませています。
親に買ってもらった着物や母親の遺品となると、思い出があり簡単に売ってしまうのは憚られるものです。
高価な着物であれば、いずれ娘やお嫁さんに譲るのも良いでしょう。
しかしその予定が無いなら、リメイクという方法もあります。
和柄のバッグやポーチ、傘などにリメイクするのは比較的メジャーで、普段使いができるという点でも取り入れやすいです。
他にもパーティーや結婚式用に、華やかな柄の着物をドレスにリメイクする活用法や、最近では母親の着物をサイズを直し、自分の結婚式で着るのも人気です。
同じ衣装という点ではフューネラルドレスにリメイクし、自分の死後、思い出の着物を着てあの世へ旅立つというのも良いアイデアです。
玄関マットやクッション、テデイベアなどにしてくれる業者もありますので、自分に合った活用法を見つけて下さい。

着物を服にリメイクする場合の注意点

着物のリメイクは、着物を買ってくれた親や譲ってくれた人の気持ちを大切にする素敵なアイデアです。
これから洋服へのリメイクを検討しているなら、注意したい点がいくつかあります。
まず着物の選定ですが、1枚の着物で1着の洋服を作ろうとすると、色や柄がうまく調和せず、全体に着物感が出てしまいます。
着物を2~3着利用し、コートの裏地とブラウス、日傘へリメイクするなどのトータルコーディネートがおすすめです。
次に縫製には業者や縫製士に依頼するのが一般的ですが、できるだけ仮縫いをしてもらいましょう。
着物は洋服と違い生地に伸縮性が無く、普段着ている洋服のサイズに合わせて作ると、着たときに違和感が出ます。
また事前に柄合わせをしていないと、イメージ違いなどの失敗も起きます。
仮縫いフィッティングをすればこれらの失敗は起きません。
代わりの生地がない着物のリメイクですから、世界で一点だけの洋服を楽しみたいものです。


トップへもどる